日本語

MYCOMMERCE CORNER

Eコマースについて知っておくべき5つのこと

以前は、Eコマースサイトを立ち上げようとすれば、資金を調達し、高給でエンジニアやプログラマーを雇用する必要がありました。今日では状況が大きく変わっています。使いやすいツールやソフトウェアプラットフォームのおかげで、誰でもオンラインストアを立ち上げることができます。製品やサービスを開発する前に準備に何か月もかけなくても、いつでも高品質なEコマースサイトを始めることができるようになりました。

オンラインストアを立ち上げ、利益を上げることが簡単にできるようになったため、経営者はEコマースの利点を無視できなくなっています。すでにご存じかと思いますが、Eコマースについて知っておくべき5つのことをご紹介いたします。

1. Eコマースは大企業のためだけのものではない。
かつて、Eコマースの立ち上げには高いコストと製作技術が必要だったため、巨額の予算のある大企業が主に関心を持っていました。今日ではまったく違います。Eコマースは大企業のためだけのものではありません。中小企業や個人制作者、家族経営の小売店なども次々とオンラインストアの開設に乗り出しています。豊富なEコマースソフトウェアによって、製品をオンラインで販売することは現実的かつ経済的な方法になっています。

2. Eコマースは地域の事業を活性化する。
Eコマースと言うと、グローバルな事業展開を連想されることが多いですが、地域内で事業展開する小規模な経営を考える場合にも、Eコマースは優れたソリューションになります。その理由は、買い物客は、貴社の製品に関するレビューを読み、割引コードやクーポンを入手したいと思っています。また、24時間ショッピングができる年中無休のオンラインショップを利用したいと思っていますが、行列に並んだり、混雑する場所に出かけたいとは思っていません。オンラインストアを立ち上げれば、地域の買い物客のニーズに合ったショッピング体験を提供することができるのです。

3.  Eコマースサイトは携帯ユーザーが利用しやすいものにする必要がある。
Eコマースサイトを開設する場合、応答性の高いデザインにすることが不可欠です。つまり、すべてのデバイスで同じような外観と操作性を得られることが重要です。Googleでは最近、携帯からの検索件数がデスクトップからの検索件数を上回ったと発表しました。この結果は、応答性の高いデザインを持つウェブサイトほどアクセスが多いことを示しています。貴社のサイトを訪れる買い物客を得意客にするためには、携帯ユーザーが利用しやすいウェブサイトにする必要があります。

4. Eコマースでは、事前の対策が必要である。
今日の買い物客は、最安値で売る店を探しています。困ったことに、「冷やかし」の目的で店に入って時間を費やす買い物客がいます。これらの客は、製品に触れ、試し、気になったことを質問します。そして、その店では買わずに同じ製品をオンラインで安く買おうとします。他店の売上げにつながる「冷やかし」を防ぐには、事前に対策を講じておく必要があります。ソーシャルメディアへのアクセスを通じて、客が参加できるサイトを作り、得意客が利益を得られるようにします。

5. Eコマースは社会を構成する要素の1つである。
冷やかし客の少ない、参加型のEコマースサイトを作ることはできますが、ソーシャルメディアに繫がっていなければ、そのポテンシャルを十分に発揮することはできません。Eコマースにとってソーシャルメディアが不可欠である理由は、通常の売買に双方向の関係性を追加できるためです。調査により、友人からFacebookやTwitterなどで勧められた場合にそのブランドを信用し、製品を購入する人が多いことが知られています。
 
Eコマースでは多くの貴重な情報が得られますが、それらを売買のライフサイクルにどう組み込めば良いかを理解することが重要です。幸いなことに、Eコマースはもはや大企業のためだけのものではなくなり、誰もが利用できるものになっています。

">
収益の保護: チャージバックを減らすための5つの方法
Eコマースプラットフォーム選択のためのヒント