日本語

MYCOMMERCE CORNER

小売業者のためのEコマースの7つの利点

本年度も半ばになりましたが、Eコマースの勢いがすぐに減速する様子はまったく見られません。ますます多くの企業で、オンラインストアを開設し、それをさらに拡大する動きが見られます。Invesp社によると、Eコマースの売上げは米国単独で10%の年間成長率、世界全体で19%の成長率を示しています。

買い物客にとっての利点は数多くあります。オンラインでのショッピングは時間の節約になるだけでなく、さまざまな製品を選択でき、税金や製品価格、ガソリン代といったコストの削減にもなります。同様に、小売業者にとっても以下のような数多くの利点があります。

1. オンラインでのプレゼンスの確立

インターネットを利用する人の80%以上が、オンラインで買い物をしています。顧客はオンラインで製品を購入できることを期待しているため、そこでの差別化ができれば、他社との競争においても優位に立つことができます。さもないと、貴社の顧客は競合他社のサイトからオンラインで製品を購入することになります。


2. 新規顧客の誘致

経営者なら誰しも事業を拡大し、顧客を集めたいと思うものです。実店舗の小売りではブランド化や顧客との関係によって売上げが左右されますが、オンラインでの小売りでは、それらに加え、検索エンジンによって集客を図れるという利点があります。たとえば、写真編集ソフトウェアを検索しているユーザーがいた場合、それまで貴社のことをまったく知らなくても貴社のサイトを訪れる可能性があります。

3. 運用コストの節減

Eコマースストアを運営すれば、実際に経費を削減することができます。なぜなら、ウェブベースの管理システムによって在庫管理を自動化し、そのような経費を節約できるからです。また、Eコマースストアでは実店舗でかかるような間接費が不要であり、初期のセットアップ費用は集客増加に伴う利益によって相殺できます。

4. 顧客に対する理解が深まる

家族経営の小売店の場合は、顧客の人物像を詳しく追跡することは困難です。顧客の大まかな人物像をつかむことはできますが、それは実際のデータというより個人的な印象に過ぎません。Eコマースストアでは、顧客の購買傾向を追跡することができます。顧客はどのような製品に最も興味を持っているか。どのような時に購入する傾向があるか。そしてどのような動機で購入したか。こうしたすべての情報を活用することで、より効率的に貴社の製品やサービスを顧客に販売することができます。

5. ブランド意識の向上

Eコマースでは、貴社のブランドイメージをオンライン環境でさらに高めることができます。ウェブページを拡張するほど、検索エンジンで容易に検索できるようになるため、貴社の企業イメージは高まります。サイトのコンテンツでは、購買層向けに最適化された適切なキーワードを使用することが重要です。これにより貴社サイトへのアクセス数を増やすことができます。サイトの認知度が高まるほど、貴社のブランドや評判が人々に広く知られるようになります。

6. 顧客に情報を提供

Eコマースサイトを運営すれば、顧客に評価してもらうための情報を自由に提供できます。製品説明からカスタマーレビューや配送料まで、買い物客が商品を選ぶために必要な情報を提供できるだけでなく、これらの質問に答えるためのスタッフを配置する必要もありません。これにより、その他の必要な業務により多くの時間を割くことができるようになります。

7. 成約率および売上げの向上

Eコマースは、今日のビジネスにとって贅沢品ではなく、必要不可欠な存在になりました。Eコマースなしでは、事業の拡大にも限界が見えてしまいます。幸い、今日ではEコマースストアは適切なソフトウェアを使用して容易に運用し、収益をげることができます。今すぐ当社のソリューションに登録 し、煩雑な作業を当社にお任せください。

">
Eコマースによって事業を拡大する方法
新学期シーズンが近づいてきました - 準備はもうできていますか?