日本語

MYCOMMERCE CORNER

収益の保護: チャージバックを減らすための5つの方法

チャージバックの発生を減らすためにはどうしたら良いかをコマースプロバイダに質問したことはありませんか。まず初めに、チャージバックとは何かをご説明いたします。

OxfordDictionaries.comでは、チャージバックとは、「詐欺的または係争中の取引に関する小売店の損害を補償するためのクレジットカード会社による要求」と定義されています。コマースプロバイダがチャージバックに関する通知を受けた時には、代金は既に銀行口座から引き落とされています。

チャージバックが発生する理由は何でしょうか。ほとんどの場合、チャージバックは以下の2つのカテゴリの1つに当てはまります。

クレジットカード詐欺–購入の支払いに盗難されたカードが使用され、発行元の銀行またはカード所有者がこれに気づいて、取引の払い戻しが必要となるケース。

「フレンドリー詐欺」–顧客がクレジットカード取引明細の請求に心当たりがないか、あるいは製品に満足していない場合に、貴社または貴社のコマースプロバイダに問い合わせることなく、銀行に対して当該請求について係争を起こすケース。

チャージバックを避けたい理由

チャージバックが発生すると、発注した当事者は製品やサービスを無料で受け取ることになります。当然、売り主も取引代金を失うことになります。コマースプロバイダから受け取った代金は回収されます。つまり、利益がなくなってしまうのです。

さらに、契約条件によっては、プロバイダは加盟店に対してチャージバック違約金を請求する場合があります。チャージバック率が1%を大幅に上回る場合は、プロバイダとのアカウントが取り消される場合もあります。

チャージバックの発生率を減らす方法

クレジットカード詐欺に対する最善の防衛策は、コマースプロバイダの詐欺検出テクノロジーを利用することです。詐欺師は、取引が合法的に見えるように常に高度な方法を開発しています。詐欺師の進歩よりも先を行くコマースプロバイダを選択することが必要です。

いわゆる「フレンドリー詐欺」の場合は事情が異なります。その原因と解決方法も、実際の詐欺の場合とは異なります。チャージバックを減らすための5つのヒントを以下に紹介します。

3. サポートチームが可能な限り迅速に顧客の要求に対応できるようにします。対応が遅れ顧客を長く待たせるほど、顧客は購入案件に関して争う傾向があります。

4. すべてのマーケティング資料に記載される製品情報を完全で正確かつ最新のものにします。いわゆる「フレンドリー詐欺」チャージバックの主要な原因は、顧客が受け取った製品やサービスが売り手の説明と異なると感じた場合に発生します。

5. 顧客のクレジットカード取引明細に記載される請求事項を分かりやすく説明してください。顧客は請求書やクレジットカードの取引明細を購入から数日または何週間も後に見る場合がほとんどです。このように顧客が取引についてはっきりと憶えていないことが原因で発生する係争は、明確な説明により避けることができます。

銀行によっては、顧客がチャージバックを開始する前に少なくとも販売者との係争案件を自力で解決するように勧める場合があります。顧客を満足させることができれば、チャージバック率を低く抑えられる可能性が高くなります。この問題について、何か他にヒントやコメントがあれば、以下の欄に入力して、ご意見をお寄せください。

">
新学期シーズンが近づいてきました - 準備はもうできていますか?
Eコマースについて知っておくべき5つのこと